予告「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」

ae20656e


NMB48初のドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of NMB48』が、2016年1月29日に公開する。

本作は、ベルリン国際映画祭5作連続招待の舩橋淳監督が初めてアイドルをテーマに手掛ける作品として話題を呼んでいる。そして、本作の正式タイトルが、『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』に決定した。

アイドル不毛の地・大阪で成功を掴んだ初めての女性アイドルグループ・NMB48にぴったりの人情味と愛嬌のあるタイトルだ。また、このタイトルの決定に伴い、キービジュアルも完成した。NMB48キャプテンの山本彩がひとり佇む写真を使用し、アイドルのドキュメンタリー映画とは思えないようなモノクロの骨太なビジュアルになりました。

さらに、12月18日のTeam N 劇場公演にて、予告編も初公開。社会派ドキュメンタリー作家として知られる舩橋監督が描く、単なるアイドルのドキュメンタリー映画では済まない本作の光と影の部分が映し出されており、NMB48だからこそ描かれた泥臭い美しさが垣間見られます。また予告編にも流れる主題歌『道頓堀よ、泣かせてくれ!』は初お披露目となった。

<映画のあらすじ>
大阪のオンナたちが流してきた汗と涙は、道頓堀川のように泥臭くて美しい——

“アイドル不毛の地”と呼ばれ続けてきた街・大阪。NMB48はそんな荒野に誕生し、成功を収めた初の女性アイドルグループと言えるだろう。リリースされたシングル13枚のうち11枚、および2枚のアルバムがオリコンチャートで1位を獲得。難波にある専用劇場での観覧倍率は20倍以上。地元の大阪城ホールはもちろん、東京の日本武道館2DAYSも超満員にした人気ぶり。だが、そんな輝かしい記録はNMB48という“日本一泥臭い”アイドルグループを表現するほんの小さな一面でしかない。
この映画は、従来のアイドルたちが隠し続けて来た泥臭さ、汗にまみれた人間臭さを隠そうともせず、不格好でも夢にしがみつき、泣いてもがいて勝ち取って来た、5年間におよぶ浪速のオンナたちの闘争の記録である。


<作品情報>
タイトル:『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』
公開日:2016年1月29日(金)
監督:舩橋 淳
企画:秋元康
出演:NMB48
©2016「DOCUMENTARY of NMB48」製作委員会

公式サイトURL:www.2015-nmb48.jp

※『DOCUMENTARY of HKT48』(仮題)同日公開

a727756c
790514d4
a162003f (1)
bcd4b16a
 

これらの記事もよく読まれてます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です